ホームページ作成・ホームページ制作は福岡県北九州市のACSTECにお任せください。

ホームページで集客・売り上げを上げるには!

ACSTEC(アクステック)のWEB制作の約束はクライアントにもたらす成果です!
WEBサイト(ホームページ)は、成果が明確になるビジネスツールです。
ACSTEC(アクステック)は、WEBサイト制作にあたる前に運用効果を、まずはじめに考えます。
ホームページがマーケティング上のツールである以上、ただの思い込みやビジネス成果に繋がらないホームページを制作するつもりはありません。
ACSTEC(アクステック)の蓄積したノウハウと全国的な実績から十分にクライアント様にご理解いただいた上で、目的に合ったWEBサイトを構築いたします。
その一つが、クライアント様の利益の為に研究されたSEO(検索エンジン最適化)対策であり、成果を得る為のSEM(検索エンジンマーケティング)となります。

1. まずはターゲット顧客を明確にすること

まずはお客様の現状の課題や今後の目標をヒアリング。 その目的を達成するためには何が必要か、ターゲットとしている顧客とその目標が合致しているかを探っていきます。
たとえば…「北九州にあるリラクゼーションサロン」
ホームページを持っているけどいまいち売上につながっている気がしない。 30代〜50代の女性をターゲット? ホームページからの予約で売上アップにつなげていきたい。

2. 「顧客の欲しい」を「顧客目線」で設計する

顧客はどんな情報を求めている?
どんな場所に、どんな情報があったら使いやすく、見やすく、ストレスを与えない?
ターゲットとなる顧客の立場にたって顧客目線を分析し、ご提供可能なサービス内容を、 ターゲット顧客が満足できるようにホームページの情報を設計します。

例えば、小倉駅から徒歩5分の会社に勤め、会社までの通勤時間は30分ほどの北九州市在住、40代のサラリーマンを今回のターゲット顧客と仮定し「顧客目線」をリサーチ。

●ターゲット層が知りたい情報は…
サービス内容と価格、店内の雰囲気、営業時間、スタッフの様子、口コミ、アクセス情報、お得な(クーポンなど)情報
●ターゲットがホームページに求めること
「金曜日、23時まで残業して疲れた。家の最寄り駅近くのマッサージ店はすでに閉店。 小倉駅近くのマッサージ店で身体をほぐして帰りたい。すぐに電話予約できるお店はないかな?」 「週末の自宅近くのマッサージ店に行きたい。 事前ネット予約できるか、信頼のある店あるかな?」

3. 顧客のイメージにあったデザインで作成

ビジュアルは一瞬にして、顧客の印象を大きく左右します。
ホームページを閲覧するのは「訪問者」。つまり、大事なのは、発信する側の視点にかたよることなく、ターゲット顧客へ良いイメージを伝えられているかどうかです。

訪問者に「どこかイメージと違う」という印象を与えてしまうと、せっかくの魅力的な情報も、伝える前に離脱してしまうかもしれません。

たとえば「がん治療」をコンセプトにうたっている病院に対し、ターゲット層はどんな店舗をイメージするでしょうか?

顧客がイメージする「がん治療」と、訪れたサイトのビジュアルにギャップが生じると、顧客はそこに不安を感じ、 やがて病院へ足を運んでくれません。
デザイン=ビジュアルでどのように表現するかということは、サイト設計において重要な役割なのです。

4. 目標に適した集客手段をつかう

せっかく作ったホーページ、みてもらえなければ意味がありません。
ホームページを作っただけで、集客の対策をしなければ陸の孤島に浮かぶ店舗と同じこと。

新規の顧客獲得に向けた施策、既存の顧客をリピーターにさせる施策など、目標設定に向け、あらゆる手段を駆使し、最も最適な集客対策を行います。

Googleなどで上位表示させるSEO・MEO対策では、訪問者がどのようなキーワードで検索しているか市場ニーズを調査し、その訪問者が求める内容にあわせたページ作成が重要です。

また、Facebook などSNSを駆使し、webサイトを多くの人々に広めていく必要があります。

その他新規顧客獲得に向けたリスティング広告など施策は様々です。

お客様の目標をおうかがいし、その目的達成の為の最適な施策をご提案させていただきます。